NEW POST

「富士宮やきそば」

新東名の清水PAで購入してきた「富士宮やきそば」セットで
生まれて初めて「富士宮やきそば」を作りました。

d0210324_7433974.jpg

d0210324_741433.jpg


「富士宮やきそば」12箇条

1.市内にある4つの製麺業者の富士宮やきそば蒸し麺を使用している。
→「マルモ食品工業」

パッと見は、冷麺の様に透き通っていて弾力のある麺でした。

d0210324_744294.jpg

2.炒めるための油としては、ラードを用いる。(天然素材の植物油を使う店もある)
→「サラダ油」しかありませんでした(汗)×

3.やきそばに加えるのが、ラードを絞った後の「肉かす」
→「付属品」

「肉かす」と書いてありますが、肉ではない模様。
袋に印刷してある作り方に則り、包丁で細かく切って使用しました。

d0210324_745553.jpg

4.ふりかけるのは、イワシの「削り粉(だし粉)」
→「付属品」

5.キャベツは、富士宮の高原キャベツ。
 それも、水分が少なく 歯ごたえのよい「秋キャベツ」が良とされる。
(キャベツ以外にネギやもやしを入れる店もある。 ネギが入っているのは、昔風)
→ 「九州熊本産のキャベツ」×

大き目に切ると書いてあったため、普段より大きめにカットしてみました。

6.ソースの味や量については、各店でのこだわりがある。辛口ウスターソースの店が多い。
  (数種類をブレンドして独自の味を出している店が多く、その内容は企業秘密)
→「付属品」

7.添えるものは、紅ショウガが多いが、これも店それぞれ
→「なし」×

8.トッピングは、イカ、タコ、エビ、卵、肉、ホルモンなど各店で工夫しており
  好みに応じて対応
→「乾物の桜えび」

9.水は、富士山の湧水を用いる。調理の際の水加減が、コシの強さの重要なポイントである。
→「横浜の水道水(アルカリイオン浄水器)」×

10.厚くて大きい鉄板を用い、火力が強くなければおいしくない。
→「家庭用フライパン」×

d0210324_753725.jpg


11.焼き方は、店の主人が焼いて出す店、客が焼く店、どちらも可というところがある。
  初めての人は、焼いてもらうことをおすすめ。
→「初めてですが、自分で(笑)」

12.食べ方は、鉄板で焼いたやきそばを皿に盛って出すところや
  熱い鉄板で 温めながら直接食べるところがあり、これは好き好き!
→「お皿に盛って」

d0210324_7552089.jpg


ソースは普通なのですが、やはりコシのある麺が特徴ですね。
今まで食べてきた「焼きそば」とは全く別物でした(笑)
手軽に味わえるため、PAで見掛けたら是非☆

いつか本物を食べてみたいなぁ。



【オマケ】

冷凍食品の「日清中華上海焼きそば」
思ったより美味しくてビックリ(笑)

d0210324_9101039.jpg

d0210324_9102038.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
 ↑↑↑
応援ポチッ&コメントお願いします♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by fly_in_the_air | 2016-04-06 08:18 | 日常 | Comments(0)

JALに乗って世界を旅するブログです。ANA(SFC)も取得済です。だらだらと「おうちご飯日記」も書いています♪ 「企業モニター」等にも参加して、お気に入りの商品を模索しています。


by そら
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30