NEW POST

2019年夏休み☆グランドサークル周遊旅行⑩いよいよ「The Wave」へ


七日目(周遊六日目)

いよいよこの旅のメインイベント!
「The Wave」トレッキングの日がやって来ました~♪

※オンライン抽選についてはこちら
※許可証などについてはこちら を参照してください。



ペイジの街から登山口「Wire Pass Trailhead」までは、車で約一時間。
夜明け前にはトレッキングを開始したかったため
朝4時頃、モーテルを出発しました。


トレイルヘッドに向かう前に、サークルKでバケットサンドイッチとバナナを購入。

「水は俺が持つよ!」と言う言葉を信じ
「じゃあ私が携帯トイレとか食べ物を持っていくね」と言う事になったのですが
これがまぁ大きな間違い!


教訓その1:旦那の言葉は信用するな。

詳細はのちほど。



+++++



舗装された道路を40分程走り、いよいよここからはオフロードです。

郵送されてきた注意書きには
道路が乾燥している時は2WDでも走行可能ですが、濡れている場合は4WDが必要と書かれていました。


私達が訪れた時は晴天だったため、乾燥していてカチカチ状態。
轍が深く、ゆっくり走行していてもハンドルが取られてしまって怖かったです。

※車が大きいためか、スレ違いが出来ない程、道幅も狭く感じました。



d0210324_07315754.jpg



走行している間は、砂煙で後ろが全く見えない状態が続き
パーキングに着いた時の車はこんな感じ。




d0210324_07320068.jpg



フロントガラスもボンネットも真っ白。
※ピンク色の紙は、フロントガラスに提示するよう指定された「許可証」


d0210324_08050310.jpg



到着したのは5時20分頃でしたが、既に車が3台停まっていました。



d0210324_07320229.jpg



入山届?に名前と時間を記入して、いよいよトレッキングスタートです。
※出発時間は5:30




d0210324_07320532.jpg



d0210324_07320917.jpg



先ずは地図を頼りにポイント1を目指します。
口コミでは「目印になるものが何もない」とのことでしたが、標識がありました。


d0210324_07320773.jpg


d0210324_07321428.jpg


道の途中から砂地に変わり、それはもう歩き辛いこと!
身体の重みで足が沈んでしまうため、一歩一歩が重すぎる・・・。


d0210324_08255083.jpg


ですが、日の出直後で涼しかったため、難なく突破。
足跡も一沢山付いていたため、迷う事なく順調に進んで行きました。


d0210324_07321158.jpg


d0210324_07321697.jpg


d0210324_07321962.jpg


詳細は書けませんが
岩の上を歩いたり崖を登ったりと、予想以上に道のりはハード。


d0210324_07322157.jpg




d0210324_07322580.jpg



d0210324_07323058.jpg



そして、写真を撮りながらノンビリ歩くこと約3時間。
最後の最後で少し迷いましたが、なんとか到着~♬




d0210324_07323420.jpg



でも、あの有名な景色は一体何処にあるんだろう???



d0210324_08074367.jpg


うろうろ、うろうろ


d0210324_07323635.jpg




少なくとも、私達より先に出発した人達が3組はいるハズなのに
人っ子一人見当たらず・・・・(汗)




d0210324_07323843.jpg



d0210324_07324063.jpg


d0210324_07324291.jpg



そして探し回った結果、ついに発見~!
影が落ちていますが、間違いなくあの景色です♡



d0210324_07324490.jpg


で、結局何処にあったのかと言うと・・・

最初に見つけた場所をそのまま進んで、反対側から見る!と言うオチ(汗)




d0210324_07323420.jpg



影がなくなるのは正午頃とのことでしたので
平らな場所と日陰を求め、こんな崖の上まで登ってブランチタイム~♡





d0210324_07325085.jpg



d0210324_07324896.jpg



朝ご飯を食べずに4時に出てきたため、サンドイッチの美味しい事!

予め凍らせておいた「ウイダーインゼリー」が保冷剤代わりになって
ハムもチーズも冷たくて、野菜もシャキシャキでした◎


※バナナは冷やしてはいけなかったのに、同じ袋に入れてしまい失敗。
黒くなってしまった部分が多く、半分しか食べられませんでした。




d0210324_07325381.jpg



ここで前述の

「教訓その1」旦那の言葉は信用するな!の件ですが


「水は俺が持つ」と言っていたにも関わらず
持ってきたのは自分の分のみと言う、、、、、。



推奨は1人4リットルと書いてありましたが、流石に4リットルは大変なので
「500mlを一人4本づつの2リットルで良いよね!」と言う事になり
私は常温、主人は冷たい水が好きだからと冷蔵庫に4本入れていたのですが
持って来ていたのは、冷蔵庫から出した冷たい4本のみ!

※ちゃんと持っていることを確認しなかった私も悪い(反省)


陽が登り、喉が渇いてしかたがなかったのですが
1人1リットルしかないため、ちょこちょこ飲みで凌ぎました。

(後で大変な目に・・・)




+++++++++



休憩を終えたのは午前11時頃だったのですが
上から覗くと影がなくなって来たようでしたので、広げていた荷物を纏め崖下へ。


ちょうどその時、息を切らしながら崖を登ってきた女性に声を掛けられたのですが
その方は、ウェーブの管理をされているパトロールの方でした。

手には名簿を持っており、リュックに下げておくよう指示されていた
日付と許可番号、氏名、グループ人数などが印刷されている許可証とのチェックが行われました。




そして影のない「The Wave」がこちら。



d0210324_09305940.jpg



d0210324_09310263.jpg



d0210324_09310619.jpg




そして、はしゃぐ中年男 (ジャンプ)




d0210324_09310446.jpg



私達以外にも、この撮影ポイントで写真を撮っている人が2人いましたが
全部で20人しか立ち入ることが出来ない為、こんな写真も余裕で撮ることが出来ました。


気温が高くなってきたため、これ以上陽が高くなり過ぎる前に戻ろう!と言う事で
来た道を順調に戻っていったのですが
最後の最後、一番しんどい砂地に入る前あたりで迷子に、、、、。



教訓その2:旦那の言う事は信用するな!

ん? その1と同じ???



これまでにも、何度も何度も、何度も何度もあった事なのですが
うちの主人と言ったら、何の根拠もなく「こっちじゃない?」と言ってのける
超が付く程、適当人間なのです。

国内でも初めて訪れた場所で、目的地の場所が分からず
適当に歩いては行ったり来たりの繰り返し。


流石に私も学習し
国内では「ちゃんと地図を確認した?場所わかる?」と念を押し
海外では自分が主導権を握る様にしていたのですが

今回ばかりは油断していました・・・。






私はポイントの記されている地図を持ち
主人には予めスマホに記録しておいたGPSを確認する係を任せておいたのですが
最後の最後の分かれ道で「こっち」と左方向へ。



d0210324_15422328.jpg


「GPSと合ってる?」と尋ねると「うん合ってる」と言うので
歩き辛い砂地を苦労しながら歩けど歩けど
目印になるものが全く出て来ない・・・。



陽が登り、暑くて暑くて息も絶え絶え。
普通の道ならまだしも、砂地故、体力の消耗が激しい事・・・・。


随分奥まで進んだ辺りで「流石におかしいのでは?」と伝え
「来た道を最初の地点まで戻ろう」と提案したのですが
道のない崖に上り「この山を2つ超えたら行けそう」と
またまた根拠のない事を言う主人。




d0210324_12083859.jpg



「絶対に行けないって!」と反対し、最初の地点まで何とか戻り
残り少ない水を飲んで休憩しようと思ったら
(自分が水を持つって言ったクセに!と悪態をつきながら)
「左じゃなかったので右」と言い、どんどん先に進んで行く始末・・・・。


砂地で体力が奪われ、暑さでふらふらになりながら
主人から遅れて追いて行くも、やっぱり何かが違う。



「ねぇ本当にGPSと合ってるの?」と聞くと「大体合ってる」
「大体って何・・・!?」

私もつくづく学習しないヤツだなぁとここで猛省!
主人の言う事は信用出来ないんだった!と。



目を閉じると真っ暗になるほどしんどかったのですが
「戻る!」と一言。

少し戻った場所に目印を見つけた主人が
「矢印があるからこっち」と言い、進んで行こうとしたのですが
どう考えても、そこは戻って来る時に通った道です。

ちょうどその時、私達がトレッキングを始める前に
少し先を歩いていた中国系のカップルらしき人が「矢印の方に行ってるから」
と言うのを無視して「そこはウエーブに向かう方!」「絶対にこっちだから」と
主人とは違う方へ。

「あれは違う人じゃない?」と言っても
「同じカップルだって」と納得しない主人・・・。

わざわざ矢印に書いてある写真まで撮って来て私に見せに来ましたが
「絶対にこっちで合ってる!」と先に進みました。

自分の信念を貫き、崖を登ること数分。
目印を見つけ「ほら!こっちで合ってるじゃん」と一安心。
何だかんだありましたが、無事に戻って来られて良かったです。


d0210324_07320229.jpg



戻って来た時間は13:30でしたので
往復のトレッキング時間を含め、滞在時間は8時間程。


下山時間を記入した際に確認したのですが
件の中国人らしきカップルは、私達よりも1時間以上も前に下山していました。

ほら!違ったじゃん」 ←勝ち誇る私(笑)



d0210324_07320532.jpg


身体も心も疲れ果てていましたが
再びオフロードを走ってモーテルへと戻り
交代でシャワーを浴びて、2時間程お昼寝タイム・・・zzz


寝た事で元気を取り戻し、前日に行ったステーキハウスに再び行く事に。

ビールを飲みながらの話題は勿論「主人の適当さについて」(笑)


d0210324_11145972.jpg

この日も、シュリンプカクテルを注文。
何度食べても美味しい~◎


d0210324_11150155.jpg

ステーキは前日とは違う部位にしてみましたが
相変わらずジューシーでとっても美味しかったです。


d0210324_11150304.jpg




周遊六日目の移動距離
(移動距離が何か変)

d0210324_11150770.jpg


★★★☆★★★★★★☆★★★

ブログランキングに参加しています。




Commented by suisuimikan at 2019-07-11 17:25
初めまして
旅好きなsuisui と申します
私も3年前にラスベガスから現地ツアーでグランドキャニオン回ったので、懐かしいです
しかも、The waveにも個人で行かれたなんて、凄過ぎる!
ガイドさんに聞いたところ、当選して、現地へ行ってもたどり着けない方もいるそうです
ご夫婦で素晴らしい体験ですね
画像から見ても伝わります
楽しませていただきました
Commented by fly_in_the_air at 2019-07-12 10:12
suisuiさんへ

はじめまして♬
3年前に行かれたのですね~

私達は久しぶり過ぎて(20年くらい前)どのポイントで見たのかもすっかり忘れてしまっていました。


ザ・ウェーブは抽選に参加して本当に良かったです。
suisuiさんも機会があれば、是非挑戦してみてくださいね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by fly_in_the_air | 2019-07-10 11:18 | 旅の記録 | Comments(2)

JALに乗って世界を旅するブログです。ANA(SFC)も取得済です。だらだらと「おうちご飯日記」も書いています♪ 「企業モニター」等にも参加して、お気に入りの商品を模索しています。


by そら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31